Lounge Review : 新千歳空港(CTS) ロイヤルラウンジ(Royal Lounge)(国際線・2019年8月以降)

Lounge Review : 新千歳空港(CTS) ロイヤルラウンジ(Royal Lounge)(国際線・2019年8月以降)

久しぶりに新千歳空港(CTS)からの国際線を利用したのですが、ラウンジが新しくなっていました。
 
早速訪れて、いつもの通りWiFiのスピードチェックです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ロイヤルラウンジ概要

ロイヤルラウンジは、出国審査を終えて左側に進んだところにあります。
 
エレベーターを登り、中に入ります。


営業時間 :
 
7:30 – 21:00
 
 
ラウンジに入るにはチェックイン時に渡されるクーポンが必要です。
 
オンラインチェックインをしてチェックインカウンターへ寄らなかった場合、クーポンをもらえないので受付で電話確認になります。


受付の左側がラウンジですが、右側にはシャワーもあります。
 
ラウンジの中は、こんな感じです。




机も数多くありました。


仮眠を取るスペースもあります。



一つ一つのテーブルの下にも電源が用意されていました。

食べ物・飲み物のコーナーです。


北海道の名産が数多くありました。




ビジネス向けのスペースも用意されています。

ラウンジの中の様子を撮影してきました。

WiFi接続方法

ラウンジのWiFiは、空港が提供している無料WiFiです。
 
NewChitose_Airport_Free_Wi-FiというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。
 
パスワードは、不要です。
 
選択後、ブラウザを開くと以下のような画面が表示されます。


最後に以下の画面が表示されれば接続完了です。

通信速度計測結果


上り 36.38Mbps
下り 35.63Mbps
 
ストレスなく、快適に使えました。

まとめ


新しくできたラウンジは、白を基調とした、おしゃれなスペースでした。
 
以前の航空会社ラウンジは、現在は「ノースラウンジ」としてクレジットカードラウンジとなっています。
(なぜかアシアナ航空(OZ)だけここが招待ラウンジとなっています)

ScreenshotLounge Review : 新千歳空港(CTS)国際線 エアラインラウンジ

Lounge Review : 新千歳空港(CTS)国際線 エアラインラウンジ

複数航空会社の招待ラウンジとなっているため、以前のラウンジではちょっと手狭な感じがしていたんですが、このラウンジであれば十分な広さかな、と思います。
 
静かなビジネススペースがあるのも、またいいですね 🙂

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ

カメラ :
 
iPhone
 
動画 :
OSMO POCKET

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea