ヒルトンのステータスチャレンジがやりやすくなりました

ヒルトンのステータスチャレンジがやりやすくなりました

ヒルトンは恒常的にステータスマッチを行っています。

Screenshotヒルトンがステータスマッチ/チャレンジやってます(2020/3/26現在)

ヒルトンがステータスマッチ/チャレンジやってます(2020/3/26現在)

ステータスマッチをするには、他ホテルチェーンのステータスを持っていて、そのホテルに過去12ヶ月に1泊以上している必要があるのですが、通常ダイヤモンドメンバーになるにはステータスチャレンジ申請後90日以内に18泊する必要があります。
 
ですが、2020年限定でこの必要な費用を半分にする方法があるのでその方法を紹介したいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ダイヤモンドステータスを効率よく獲得する

具体的な方法ですが、先日お伝えしたヒルトンの「ダブルポイント・ダブルステータス泊数キャンペーン」を利用することで必要な泊数を半分にすることができます。

Screenshotヒルトンのダブルポイント/ステータス泊数獲得キャンペーン(2020/9/8から2020/12/31まで)

ヒルトンのダブルポイント/ステータス泊数獲得キャンペーン(2020/9/8から2020/12/31まで)

つまり、2020/9/8から2020/12/31までにヒルトンのホテルに9泊すれば泊数が2倍となるためあっという間に18泊に達してしまう、というわけです。
 
この方法なら、コストを抑えて国内でステータスチャレンジを行って2023年3月までダイヤモンドステータスを維持することもできますね。
 
例えば、沖縄のダブルツリー byヒルトン 那覇首里城なんかは、1泊JPY5,600で宿泊できる日もあります。

税金を入れてもJPY63,000以下でヒルトンダイヤです。
 
そろそろカードのサービスが終了してしまうヒルトンVISAプラチナカードの年会費よりも安い金額です。
 
ステータスマッチは、SPGアメックスカードやアメックスプラチナカードに付随しているマリオットやシャングリラホテルのステータスからだと行いやすいですね。

まとめ

今度ロッテルダムのヒルトンに宿泊する予定がありますが、2020年は一度もヒルトンには宿泊していません。
 
2019年12月に宿泊した、ロンドン・ヒースロー空港(LHR)近くのヒルトンガーデンインに宿泊したっきりです。

せっかくのダイヤモンドステータスが勿体無いし、久しぶりに宿泊してみたくなったので、日本国内にあるまだ泊まったことのないヒルトンに行ってみようかなぁとも思っています。
 
特に沖縄にあるヒルトンは1つも宿泊したことがないので、とりあえずどこか一つ滞在してみようかなぁ。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea