インド国内のホテル税が安くなりました

インド国内のホテル税が安くなりました

日本国内においてホテルに宿泊する際、地方自治体によってホテル税(宿泊税)なるものが徴収されることが結構あります。
 
東京都なんかはそのいい例で、最大1泊あたりJPY200徴収されます。
(2020年のオリンピック・パラリンピック期間中は徴収されないようですが)
 
この税金は日本だけでなく、海外でも徴収されることがあります。
 
マレーシアなんかはそうですね。
 
メキシコでは、最大なんと34%も徴収されるようです。
 
インドにおいても同じなのですが、世界の流れに逆らう形で2019/10/1からこの料金が安くなりました。
 
その詳細をお伝えしたいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

変更概要

インドにおけるホテル税は
 
GST(Goods & Service Tax)
 
といい、日本でいう消費税みたいなものです。
 
税率は商品によって異なり、以前ホテルに課されていた税金は、
 
・宿泊料金がINR7,500(JPY11,500くらい)以下 : 18%
・宿泊料金がINR7,500(JPY11,500くらい)以上 : 28%
 
という結構な高額な税率でした。
 
それが2019/10/1以降、以下のように軽減されるようになりました。
 
・宿泊料金がINR1,000(JPY1,530くらい)以下 : 0%
・宿泊料金がINR1,000(JPY1,530くらい)以上INR7,500(JPY11,500くらい)以下 : 12%
・宿泊料金がINR7,500(JPY11,500くらい)以上 : 18%
 
例えば、インドにあるイビスホテルの料金にもちゃんと反映されています。

INR7,500以下なので、12%ですね。

これが以前は18%だったのですが、INR7,500以上するホテルにおいては10%安くなったので結構な額になると思います。

まとめ

現地のメディアでも、このニュースを伝えています。
 
https://timesofindia.indiatimes.com/business/india-business/gst-council-cuts-tax-rate-on-hotel-room-tariffs/articleshow/71223934.cms
 
アコーホテルズ系列だけでなく、インドはホテル料金が比較的安いところが多く、ホテルチェーンの修行には結構向いていると思うのですが、何と言っても入国にビザが必要なのでとても面倒です。
 
事前に取得する場合はe-VISAの制度もありますが、これまた面倒。
 
インドへは仕事で行ったことがありますが、なかなか大変だった記憶があります。
 
いくらホテル税が安くなったとはいえ、ホテル修行のためにインドへ行くか。
 
ちょっと検討が必要です。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea