シンガポール・チャンギ空港(SIN)を乗り継ぎ空港として利用するには

シンガポール・チャンギ空港(SIN)を乗り継ぎ空港として利用するには

海外へ渡航するのが難しい状況が続く中、アジアへの旅も事実上できないような状態となっています。
 
2021年1月現在、アジアの国々は基本的に入国NGで、厳しい条件付きで入国OKという状況です。
 
一方で、空港から降りずに乗り継ぎだけであればOKとなっている空港もあります。
 
シンガポール・チャンギ空港(SIN)も、かなり厳しい条件ではありますが乗り継ぎが許容されています。
 
SINの「今」を調べてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

SINで乗り継ぎができる航空会社

2020年6月以来、SINで乗り継ぎができる航空会社は基本的に、シンガポール航空(SQ)とそのグループ会社のみ。
 
2020年11月になって、ジェットスター・アジア(3K)も自社便に限り乗り継ぎがOKとなりました。
 
そして最近、ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)とスイスインターナショナルエアラインズ(LX)も乗り継ぎがOKとなりました。
 
LH/LXでSINに来て、その後SQに乗り継いで別の国へ行くことが可能となりました。
 
この乗り継ぎも条件があるのですが、
 
・LHはフランクフルト(FRA)発のフライトのみ
・LXはチューリッヒ(ZRH)発のフライトのみ
 
となっています。
 
その後はSQに乗って、日本を含めた各国へ移動することができます。
 
運航の曜日もかなり制限されていて、
 
・LH : 毎週火曜日の週1便
・LX : 毎週月、金曜日の週2便
 
となっています。
 
逆のルート(日本からSIN乗り継ぎでFRA/ZRHへ)は、許されていません。

まとめ

少し前、日本航空(JL)もSIN路線を再開しました。
 
ですが、JLでSINに行った場合には乗り継ぎが許されていないためSINに入国をしなければいけません。
(タッチを除く)
 
なかなか厳しいですね。
 
SINに久しぶりに行きたいなぁとも思いつつ、LHはもうこりごりなので、LXでなんとかSIN乗り継ぎで日本に戻るフライトに乗れないかな?と考えていたりします。

特典航空券で検索してみましたが、提携航空会社のマイレージではSQのフライトが出てきません。
 
別切りOKならなんとかなるかな?と思いつつ、確認が必要だと思うので今度SQに聞いてみようと思います。
 
SINのSQファーストクラスラウンジや、QFファーストクラスラウンジに入ることができるのはいつの日になるんでしょうか・・・。

ScreenshotLounge Review : シンガポール空港ターミナル3 シンガポール航空(SQ)プライベート・ルーム(The Private Room)

Lounge Review : シンガポール空港ターミナル3 シンガポール航空(SQ)プライベート・ルーム(The Private Room)
ScreenshotLounge Review : シンガポール空港(SIN) ターミナル1 カンタス航空(QF) シンガポールファーストラウンジ(Singapore First Lounge)

Lounge Review : シンガポール空港(SIN) ターミナル1 カンタス航空(QF) シンガポールファーストラウンジ(Singapore First Lounge)

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea