アコーとパリ・サンジェルマン(PSG)のPVに出演させていただきました!

Lounge Review : ベイルート空港(BEY) ミドルイースト航空(ME) シダーラウンジ (Cedar Lounge)

Lounge Review : ベイルート空港(BEY) ミドルイースト航空(ME) シダーラウンジ (Cedar Lounge)

ベイルート(BEY)からパリへ向かうのにエールフランス航空(AF)を利用した際に、同じスカイチームメンバーのミドルイースト航空(ME)のフラグシップラウンジ
 
シダーラウンジ (Cedar Lounge)
 
を利用してみました。
 
中ののレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。
[toc]

ラウンジ概要

MEシダーラウンジは出国審査後、右に曲がって歩き、エレベーターを上がったところにあります。
店の天井からぶら下がっている
グラフィカル ユーザー インターフェイス
壁に掛けられた看板
営業時間 :
 
24時間
 

モニター画面に映る文字
冷蔵庫のある部屋
中は、こんな感じ。
橋の下の建物
レバノンの国の木であるレバノン杉がラウンジの中心にあります。
 
開放感があります。
 
有料ですが、マッサージを受けることができます。
壁に貼られたポスター
駅の天井からぶら下がっている
空港のロビーにいる人たち
窓ガラスに貼ってある数種類のパンフレット
机の上に置いてある飛行機のcg
窓も大きく、ゆっくりと飛行機を眺めることができます。
駐車場に駐車している数々の飛行機
建物の前を歩く人々
棚の上に電子レンジがあるキッチン
テキスト
食べ物も、ビュッフェ形式でいただくことができます。
トレイの上にある数種類のピザ
テーブルの上にある数種類のドーナツが入った箱
種類は、そんなに多くありませんでした。
机の上にある数種類のケーキ
プラザプレミアムラウンジのイメージでしょうか。
オーブンの中に入っている焼き菓子
テーブルに置かれた椅子

机の上にある沢山の椅子

テーブルの上に置かれた椅子
広い敷地で、座る場所も十分にあったと思います。
部屋に備えている数々の椅子

部屋に備えている数々のスーツケース

机の上に置かれた椅子

テキスト
レバノンはイスラム教の国ですが、お酒を飲むことができます。
 
バーカウンターがあったので、スパークリングワインをいただきました。
手に持ったレコード
カウンターに置いている数々の瓶
バーのカウンターに置かれたビール瓶
家具のあるリビングルーム
参考価格は、こんな感じ。
瓶の飲み物
アルコールを飲んだ後は、コーヒーで酔い冷まし。
テーブルの上に置かれたコーヒーカップ
モニター画面に映る文字

WiFi接続方法

MEAというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。
グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション, Teams
QRコードを読み込めば、接続完了となります。

通信速度計測結果

グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション
上り 1.60Mbps
下り 0.08Mbps
 
普通に問題なく利用できました。

まとめ

夜の店の正面と入り口
このラウンジはプライオリティ・パスでも利用できますが、ラウンジが広いのでそこまで混雑している印象はありませんでした。
 
一応、MEのフラグシップラウンジとしての面目躍如といったところでしょうか。
 
今回、レバノン滞在は24時間未満でしたが、国力の割にBEY発着の航空券は高い印象です。
 
MEは主力機材が小型機であるにも関わらず、強氣の価格設定。
 
それにつられて、他の航空会社の航空券代も高くなっているような印象です。
 
BEY発着のフライトは、修行では利用せず思い切って特典航空券で予約した方が良さそうです。
 
BEYにはその他に2つ、プライオリティ・パスを利用して入ることができるラウンジがあります。
 
それと、カタール航空(QR)のプレミアムラウンジも。
壁に貼られた紙

ちょっと写真がブレてしまいましたが、ここは入っておきたいですね。
 
BEY発のQRフライトは、やっぱりマイレージかな。
 
というか、世界中のQRラウンジは可能な限り制覇したいです。

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ

カメラ :
iPhone

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)