Lounge Review : ハノイ空港(HAN) NIAラウンジ

Lounge Review : ハノイ空港(HAN) NIAラウンジ

ハノイ空港(HAN)の中にある
 
NIAラウンジ
 
へ行ってきました。
 
中の紹介です。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ラウンジ概要

NIAラウンジは、保安検査を過ぎて左に曲がり、エスカレーターで上がったところにあります。


営業時間 :
 
6.00 – 16.00まで
 
 
中はこんな感じです。


窓は開放感があります。

バンブーエアウェイズ(HQ)も駐機していました。


食べ物のコーナーです。



日本語でのアレルギー表記がありました。


アルコールは、ほとんどありませんでした。
 
鶏肉のフォーをいただいてみました。

WiFi接続方法

NIA Business LoungeというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。
(最後の数字は1から5まであります)

ラウンジ内に書かれているパスワードを入力して、接続完了です。

通信速度計測結果


上り 16.27Mbps
下り 4.41Mbps
 
結構プツプツ切れました。
 
ちょっと使いづらかったです。

まとめ


ラウンジは結構広く、コンセントやシャワールームもありましたが、食事や飲み物はイマイチで、航空会社招待ラウンジとしてはちょっと微妙な感じでした。
 
椅子は硬く、背もたれの角度がほぼ直角で沈み込まないので、なんだかとても座りづらかったです。
 
このラウンジは全日空(NH)やカタール航空(QR)などの招待ラウンジになっていますが、プライオリティ・パスでも入ることができません。
 
HANにはもう一つ、航空会社招待のラウンジ「SONG HONGラウンジ」がありますがこちらはプライオリティ・パスでも入ることができます。
 
ラウンジの内容から言うとNIAラウンジよりもSONG HONGラウンジの方が良いかな、という印象です。

Screenshot

Lounge Review : ハノイ空港(HAN) SONG HONGビジネスラウンジ

Lounge Review : ハノイ空港(HAN) SONG HONGビジネスラウンジ

プライオリティ・パスを持っているのであればNHやQRに搭乗する場合でもSONG HONGラウンジ一択かな、と思います。
 
フォーは美味しかったですが、SONG HONGラウンジにもフォーはあり、しかもNIAラウンジの方は電子レンジで温めていたのでそれだけでNIAラウンジを利用するという決め手にはなりません。
 
アルコールも、SONG HONGラウンジが(質は別として)スパークリングワインがあったのに対し、NIAラウンジにはなく、缶ビールと数種類のアルコールが置いてあるのみ。
 
なんだか微妙な感じのラウンジでした。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA