クラウンプラザ シンガポールチャンギ空港(SIN)のWifiスピードチェック

クラウンプラザ シンガポールチャンギ空港(SIN)のWifiスピードチェック

シンガポール(SIN)へのフライトは夜遅くに到着する便だったので、空港直結の
 
クラウンプラザ シンガポールチャンギ空港
 
に宿泊しました。
 
このホテルの概要と、Wifiスピードのチェック結果を紹介します。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ホテル概要

今回宿泊したホテルは、チャンギ空港(SIN)のターミナル3に直結しています。
 
とても便利なんですが、今回自分たち家族が利用した日本航空(JL)はターミナル1に到着するので、ターミナル3へ行かなければいけません。
 
更に、深夜12.00を過ぎるとターミナル同士を結ぶシャトルトレインの運行も止まるので、代わりにバスに乗る必要があります。
 
ターミナル3に着いて、ホテルへと向かいます。
 
ロビー階は、こんな感じです。

現在IHGスパイアエリートなので、クラブラウンジアクセスの部屋へアップグレードしてもらいました。
(事前にメールが来ました)
 
その部屋がこれです。




リクエストをしたベビーベッドも、ちゃんとアップグレードされた部屋に入っていました。

窓からは、チャンギ空港(SIN)が見えます。

チェックアウトは15.00ということで、翌朝朝食を摂りにラウンジへ行ってみました。

途中の廊下では、シンガポール航空(SIN)が駐機しているのが見えます。









接続方法

CrownePlazaというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

以下の画面で、部屋番号と名字を入力して次へ進むと、接続完了です。

通信速度計測結果


上り 6.19Mbps
下り 7.04Mbps
 
繋がり具合、速度ともに申し分なし。
 
画像の送受信も、問題なくできました。

まとめ

今回はスパイアエリートになって初めてIHGホテルに宿泊しました。
 
クラブラウンジも使わせてもらって、とても満足。
 
これがスパイアエリートの実力か。
 
一応2019年12月31日まではスパイアエリートでいられるのですが、スパイアエリートを維持するのに75泊もしなければいけないのがなかなか辛いところです^^;
 
以前は0泊でもスパイアエリートになれるワザがあったのですがそれが塞がれてしまったので、ちょっとためらいます。
 
それでも、JPY200,000あれば維持はできるのですが、うーん・・・。
 
でも、空港直結、というのは本当に便利ですね。
 
IHGは結構空港に近いホテル(ホリデイインとか)が多いので自分にとってはとても便利なホテル。
 
本来であれば2020以降もステータスを持ったまま利用したかったんですが、考えどころです。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)