ヴァージン・アトランティック航空(VS)とヴァージン・オーストラリア(VA)の共同運航便が開始

ヴァージン・アトランティック航空(VS)とヴァージン・オーストラリア(VA)の共同運航便が開始

自分が常々搭乗の機会を伺っているヴァージン・アトランティック航空(VS)とヴァージン・オーストラリア(VA)ですが、この両社が共同運航便に関する提携を強化し、イギリスとオーストラリア間のフライトがスムーズになりました。
 
カンタス航空(QF)がロンドン(LHR) – パース(PER)間の直行便を就航させたことによる対抗策だと思われますが、自分にとってはとても魅力的なものです。

Screenshot世界初のイギリス – オーストラリア直行便が就航

世界初のイギリス – オーストラリア直行便が就航

日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

シームレスに乗り継げるようになったのは意外にも今回が初めて

同じヴァージン・グループではあるものの、今まで共同運航便は行われていたのですが、乗り継ぎを考慮した提携は行われてきませんでした。
 
今回の共同運航便を増加したことで、スムーズな乗り継ぎが可能となり、イギリスからオーストラリア・ニュージーランドへの旅がより少ない時間でいけるようになりました。
 
もともとVSはLHR – HKGの路線を運航していましたが、最近VAがMEL – HKGの路線に就航したことでHKGを中継地としてイギリスからオーストラリア・ニュージーランドへ行けるようになっていたのに加えてSYD -HKG路線も2018年7月から就航となり、アクセスがよくなります。
 
また、VAがもともと就航していたSYD – LAX路線とVSによるLAX – LHR路線を併せて、全てヴァージン・グループによる運航が実現します。

Screenshotヴァージン・オーストラリア(VA)、香港航空(HX)とマイレージ提携開始

ヴァージン・オーストラリア(VA)、香港航空(HX)とマイレージ提携開始

さらにVAは、アデレード(ADL)やキャンベラ(CBR)とSYD/MELへアドオンでの搭乗を可能とし、オーストラリア国内へのアクセスの充実も図っています。
 
荷物のチェックインも、出発地の空港で1回行えば済むようになりました。
 
チケットは現在、VSのサイトでもVAのサイトでも購入が可能になっています。
 
2018/7/2出発分から予約が可能ですが、エコノミークラス往復でだいたいJPY100,000くらいとなっています。

ヴァージングループによる世界一周も可能に!

今まで、バラバラな感じで運航していたVSとVAですが、今回の提携で全てヴァージングループによる世界一周もしやすくなりました。

マイレージや上級会員のためのティアポイントももちろん、全てのフライトでVS/VA双方に加算することができます。

まとめ

ヴァージングループが提携を強化したわけですが、逆に今までシームレスで旅ができなかったのが意外な感じでした。
 
この提携により、VS上級会員はもちろんVAのラウンジを利用できますし、VA上級会員はVSのラウンジを利用できるようになります。
 
最近VSゴールド会員になりたてのPARとしては、1日も早く利用したいところです!

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)