エア・ベルリン(AB)のマイレージプログラムがほんの少し復活

エア・ベルリン(AB)のマイレージプログラムがほんの少し復活

先日、エア・ベルリン(AB)のマイレージプログラムが凍結されている件を記事にしました。

Screenshotエア・ベルリン(AB)終わりの始まり

エア・ベルリン(AB)終わりの始まり

それ以来の続報なんですが、部分的にマイレージが獲得・利用できるようになったのでシェアさせてもらいます。
 
​日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。

マイレージ獲得・利用ができるのはこの航空会社

ABマイレージプログラム「topbonus」をお持ちの方にはドイツ語のメールが届いているかもしれませんが、その内容はエティハド航空(EY)との間でのマイレージ利用・獲得ができるようになりました、というものです。
 
EYから救いの手が差し伸べられたのかどうかはわかりませんが、なんとも複雑な獲得・利用方法となっています。

ABマイレージ利用・獲得概要

獲得

EY便名で、EYが運航するフライトで、ABマイレージ及びABの上級会員資格のためのステータスマイルを獲得できます。
 
このアナウンスよりも前のEYフライトであっても、事後登録でマイレージを獲得することができます。
 
フライト以外だと、Sixt, Europcar, AVIS, Hertz, HRS, Shoopといったあたりの利用でもマイレージを獲得できます。

利用

気になるマイレージ利用ですが、”topbonus pop-up shop”という場所で利用が可能のようです。
 
“topbonus pop-up shop”の中で、10,000マイル€20のバウチャーとして利用可能だそうです・・・。
 
特典航空券としては、利用できません。
 
しかも、マイレージと交換できる商品を購入できるのは、ドイツ、オーストラリアとスイスの人だけで、配送もこの3カ国だけ。
 
なんと中途半端な利用方法なんでしょう・・・。

まとめ

これではまだまだ、完全に復活とは言えません。
 
EYフライトに搭乗して、わざわざABマイレージに加算して、価値の低いバウチャーと交換したい人がどれだけいるのでしょうか。
 
しかも、ドイツ語圏の国だけだなんて。
 
経営破綻したのでしょうがないとは言え、あまりにも中途半端です。
 
この程度なら、いっそのこと復活させず、もうちょっとマシな使い方を提案すればいいのに・・・と、他人事ながら思ってしまいました。

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)