子供(CHD)は何歳からマイレージプログラムの会員になれるのか(スターアライアンス編)

子供(CHD)は何歳からマイレージプログラムの会員になれるのか(スターアライアンス編)

我が家の長男は、2018年で3歳です。
 
国内線も、運賃が必要な年になりました。
 
運賃を支払うということは、それに対するマイレージも発生することとなるわけですが、ふと
 
子供は何歳から自分のマイレージプログラムを持つことができるのだろう?
 
と思い、各航空会社毎に調べてみました。
 
今回は、スターアライアンス編です。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

スターアライアンス(*A)

スターアライアンスメンバーと、アカウントを開設することのできる年齢を紹介します。

ここをタップして表示Close
航空会社 年齢 備考
全日本空輸(NH) 0歳 国内線は3歳未満・国際線は2歳未満の場合、座席を利用すれば(INS)マイレージ獲得可能
TAPポルトガル航空(TP) 2歳
エーゲ航空(A3) 2歳
南アフリカ航空(SA) 2歳
シンガポール航空(SQ) 2歳
エア・カナダ(AC) 2歳 2歳から12歳の間は、Altitude Skyridersという特別プログラムがある
中国国際航空(CA) 2歳
エア・インディア(AI) 12歳
ニュージーランド航空(NZ) 0歳
アシアナ航空(OZ) 2歳 2歳から12歳の間は、マジックマイルズという特別プログラムがある
アヴィアンカ航空(AV) 2歳
スカンジナビア航空(SK) 0歳 座席を利用すれば(INS)マイレージ獲得可能
コパ航空(CM) 2歳
エジプト航空(MS) 2歳
エチオピア航空(ET) 2歳
タイ国際航空(TG) 2歳
ターキッシュエアラインズ(TK) 2歳
エバー航空(BR) 2歳
ユナイテッド航空(UA) 0歳 座席を利用すれば(INS)マイレージ獲得可能
Miles & More※ 2歳

※Miles & Moreを採用している航空会社 :
ルフトハンザ・ドイツ航空(LH)
エア・ドロミティ(EN)
オーストリア航空(OS)
ブリュッセル航空(SN)
ユーロウィングス(EW)
ジャーマンウィングス(4U)
スイス インターナショナル エアラインズ(LX)
LOTポーランド航空(LO)
アドリア航空(JP)
クロアチア航空(OU)
ルクスエア(LG)

まとめ

全日空(NH)や北米の航空会社は、0歳からでもマイレージプログラムに加入することができます。
 
これは、座席を使用する幼児(コードで表すと、INFではなくINSになります)はちゃんとCHDと同様の料金を支払っているのだから、マイレージも加算されるべきとの考えにたったものですね。
 
我が家の最寄り空港である仙台空港(SDJ)はスターアライアンスメンバーが多く就航しているので、スターアライアンスメンバーのマイレージプログラムは必須です。
 
子供の将来のことを考えて、マイレージの有効期限が(事実上)ない航空会社に加算しておき、家族旅行の時は息子のマイレージとして加算し続けてあげようと思います。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)