Lounge Review : リーズ・ブラッドフォード空港(LBA) The White Rose Suite

Lounge Review : リーズ・ブラッドフォード空港(LBA) The White Rose Suite

リーズ・ブラッドフォード空港(LBA)にあるラウンジ
 
The White Rose Suite
 
を紹介します。
 
このラウンジは、Yorkshire Premier Loungeが無くなって別の場所に新たにできた3つのラウンジの一つです。
 
プライオリティ・パスでも利用できるラウンジなのですが、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の招待ラウンジにもなっているので行ってきました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ラウンジ概要

The White Rose Suiteは、
・有料
・プライオリティ・パス
・航空会社の招待
いずれかで入ることができます。
 
3つのラウンジが一つのスペースにまとまっていて、入り口は一つに統一されています。


中は、こんな感じ。

バーがあり、飲み物や軽食も食べられます。






紅茶はやっぱり、
 
Tailors of harrogate
 
でした 🙂

開放的で、窓からはJet2.com(LS)の飛行機が駐機しているのが見えました。


中の様子を、動画に収めてきました。

Wifiスピードチェック

ラウンジ独自のWifiはなく、空港が提供している無料のWifiを利用することになります。
 
Wifi接続方法とスピードについては、こちらの記事をどうぞ。

Screenshotリーズ・ブラッドフォード空港(LBA)のWifiスピードチェック

リーズ・ブラッドフォード空港(LBA)のWifiスピードチェック

まとめ


LBAにある3つのラウンジのうち1つに行きましたが、残りの2つにも行ってみたいですね。
 
一応、LBAの公式ページにはこんな説明があります。
 
https://book.leedsbradfordairport.co.uk/book/LBA/MultiPurchase
値段は3つそれぞれ差があって、The 1432 Runway Clubが一番高く(£35.95)、The Yorkshire Loungeが一番安い(£25.95)ようでした。
 
プライオリティ・パスで利用できるこのラウンジは、ちょうど中間くらいの値段・設備のようです。
 
何とかして無料で入りたいですね 😛

プライオリティ・パスについて

プライオリティ・パスは世界最大級の独立系空港ラウンジプログラムで、フライトの搭乗クラスに関係なく、世界の850以上のVIPラウンジが利用できます。
 
ほとんどのラウンジで、電話、ファックス、Eメール、インターネット接続が利用できます。一部シャワー、会議施設を利用できるラウンジもあります。
 
食事や軽食を無料でとることができ、空港内のレストランに並ぶ必要はありません。
 
ゲートの混雑、フライトの遅れやキャンセルがあった場合でも、ラウンジで穏やかな時間を過ごすことができます。
 
プライオリティ・パスにはプランがいくつかあって、

  • スタンダード :
  • 年会費USD99
    ラウンジ利用時にUSD27を支払う
     

  • スタンダード・プラス :
  • 年会費USD224
    年間10回まで無料でラウンジ利用可能・それ以降はUSD27/回
     

  • プレステージ :
  • 年会費USD359
    ラウンジ使いたい放題
     
    という料金体系になっています。
     
    自分も、スカイチームメンバーの航空会社以外のフライトの時は、プライオリティ・パスと提携しているラウンジでゆっくりすることにしています。
     
    もちろん、LCCのフライトでもラウンジを利用することができます。
     
    人とは違う待ち時間を過ごすことができますよ 🙂
     
    申し込みは、こちらからどうぞ。

    Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)