アコーホテルズの宿泊実績が加算されないホテルまとめ

アコーホテルズの宿泊実績が加算されないホテルまとめ

2019年より始めたアコーホテルズの修行ですが、滞在を重ねるごとに色々わかってくることがあります。
 
ホテルブランド毎の「序列」や、プラチナメンバーの扱いなどなど。
 
その中で氣をつけなければいけないのが、アコーホテルズには
 
宿泊実績が加算されないホテルが結構ある
 
ということ。
 
どのホテルが対象外なのか、まとめてみました。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

加算対象外のホテルブランド

以下のホテルは、全世界において加算対象外となります。
 
Formule
ibis Budget
25hours
(erminus Nord Paris hotelを除く)
Dhawa
・アコーホテルズと提携していないMantis
-> このページで検索できるホテルは対象
onefinestay
The House of Originals
Delano
SLS
Mondrian
Hyde
The Redbury


イビス バジェット アンバサダー 釜山 海雲台

イビス バジェット アンバサダー ソウル 東大門
を除く
 
 
注意しなければいけないのは、イビスバジェットですかね。
 
日本にもいくつかありますが、加算対象外なのでご注意ください。

国によって加算対象外となるホテル

国によって、加算がされないホテルブランドもあります。
 
加算対象外となる国とそのホテルブランドは以下の通りです。

ここをタップして表示Close
ホテル
中国 ibis, ibis Styles, Mövenpick
モルディブ、フィリピン、ベトナム、スリランカ、タイ Mövenpick

中国のイビス、イビススタイルズも要注意ですね。

加算対象外のホテル

さらに、ホテル単位でも加算対象外のホテルがあります。
 
詳細はこちらをご覧ください。
 
https://all.accor.com/gb/loyalty-program/user/hotels_exception.shtml
 
タイや韓国のバンヤンツリーが対象外となっています。

まとめ

アコーホテルズ修行で特に氣をつけなければいけないのは、
 
・イビスバジェット
・中国のイビス、イビススタイルズ
 
あたりかなと思います。
 
これらのホテルは宿泊料金も安く、加算対象となると簡単にプラチナメンバーになれてしまうからでしょうかね。
 
先日、プラチナメンバーの特典であるスイートナイトアップグレードの使い方について紹介しましたが、

Screenshotアコーホテルズの新しいポイントプログラム「ALL」スイートナイトアップグレードの使い方

アコーホテルズの新しいポイントプログラム「ALL」スイートナイトアップグレードの使い方

こちらも含めてアコーホテルズは色々と例外がありそうです。
 
それでも自分は、2020年以降もアコーホテルズの修行は続けて行こうと思っています。
 
それはなぜなのか?
 
その答えを、アコーホテルズプラチナステータスを格安で獲得するための会員制クラブ
 
Accor Platinum Club
 
の中でお伝えしています。
 
うまくやればJPY100,000以下でプラチナメンバーステータスを獲得でき、意外と知られていない(朝食無料を含めた)各種特典を楽しむことができます。
 
 
誰もいないラウンジで、快適な時間を過ごしてみませんか? 🙂

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea