ビジネスクラスに乗らないと入ることができないラウンジまとめ

ビジネスクラスに乗らないと入ることができないラウンジまとめ

世界には多くの航空会社運営ラウンジがありますが、大抵は
 
・ビジネスクラス以上の搭乗客
・当該航空会社(アライアンス)の上級会員
 
であれば入ることができます。
 
つまり、エコノミークラスに搭乗する場合でもラウンジへ入ることができる訳ですが、世界には
 
ビジネスクラスに搭乗する客
 
でないと入れないラウンジも存在します。
 
そんなラウンジを、自分が知り得る限り紹介したいと思います。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

エア・カナダ(AC)

トロント(YYZ) シグニチャー・スイート(Signature Suite)ラウンジ

このラウンジは、エア・カナダ(AC)が導入したビジネスクラス「シグニチャークラス」の搭乗客が入れるラウンジです。
 
ACにはファーストクラスの設定がないので、今流行りの「ファーストクラスのようなビジネスクラス」、という位置付けでサービスを展開しているものです。
 
アップグレードや特典航空券などを除く正規運賃で国際線ビジネスクラスを利用する場合に、利用できます。
 
ラウンジの中は、こんな感じです。

エバー航空(BR)

台北桃園(TPE) インフィニティ(The Infinity)ラウンジ

TPEにはエバー航空(BR)のラウンジが4つあります。

ここをタップして表示Close
ラウンジ名 利用基準
The Garden BRダイヤモンド会員
The Infinity スターアライアンス便ファースト・ビジネスクラス搭乗客
The Star スターアライアンスゴールド会員
The Club BRシルバー会員

今度BRのビジネスクラスに搭乗する予定なので、インフィニティラウンジに入れるのを楽しみにしたいと思います。

シンガポール航空(SQ)

シンガポール(SIN) シルバークリス(SilverKris)ラウンジ

シンガポール航空(SQ)のフラグシップラウンジですが、いくつかのターミナルにあります。
 
ターミナル2, 3のシルバークリスラウンジのレビューを過去に行っています。

ScreenshotLounge Review : シンガポール・チャンギ空港(SIN)ターミナル2 シルバークリスラウンジ(SilverKris Lounge)

Lounge Review : シンガポール・チャンギ空港(SIN)ターミナル2 シルバークリスラウンジ(SilverKris Lounge)
ScreenshotLounge Review : シンガポール・チャンギ空港(SIN)ターミナル3 シルバークリスラウンジ

Lounge Review : シンガポール・チャンギ空港(SIN)ターミナル3 シルバークリスラウンジ

自分は全日空(NH)のダイヤモンド会員ではないのでファーストクラス専用のラウンジへは入れませんが、ファーストクラス搭乗で入ってみたいですね!

カタール航空(QR)

ドーハ(DOH) アルムルジャン(Almourjan)ラウンジ

こちらも以前訪れて、レビューを行っています。

ScreenshotLounge Review : ドーハ空港(DOH) カタール航空(QR)アルムルジャン(Almourjan)ビジネスクラスラウンジ

Lounge Review : ドーハ空港(DOH) カタール航空(QR)アルムルジャン(Almourjan)ビジネスクラスラウンジ

この規模でビジネスクラスということは、ファーストクラスラウンジはどんなものなんでしょうか・・・。

Screenshotカタール航空(QR)のファーストクラスラウンジ「Al Safwa Lounge」が有償で利用可能に

カタール航空(QR)のファーストクラスラウンジ「Al Safwa Lounge」が有償で利用可能に

まとめ

ちなみに、ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)には「コンコルドルーム」というものがあり、ファーストクラス搭乗客または一定のティアポイントを獲得したBA会員のみが入れるようになっています。
 
自分は、「一定のティアポイントを獲得したBA会員」になるべく日々修行をしています 🙂
 
 
世の中の流れ的に、こういったビジネスクラス搭乗客でないと入ることができないラウンジの数は増えつつあります。
 
日本でもSFCやJGCの会員があまりにも多くなってきたので入場者を制限するためのルールができることは十分に考えられます。
 
航空会社としては一部の優良顧客を大切にするのか、ステータスバラマキで広く客を集めるのか方針を決めないといけないと思うんですが、自分は前者の方が結果的に良い方向に向かうんじゃないかなぁと思っています。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)