BAライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道#63(EDI – LCY – X/AMS – LHR)

BAライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道#63(EDI – LCY – X/AMS – LHR)

2019年2月、ちょっとBA修行をしにヨーロッパへ行ったのですが、その旅程の一つが
 
エディンバラ(EDI) – ロンドンシティ(LCY) – アムステルダム(AMS)乗り換え – ロンドンヒースロー(LHR)
  
でした。
 
ロンドンで一応1泊しました^^;
 
前回の投稿で、EDIに戻ってきてからの続きです。

ScreenshotBAライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道#62(EDI – X/LHR – IST往復)

BAライフタイム・ゴールドメンバーシップへの道#62(EDI – X/LHR – IST往復)

 
AviosハンターのPAR@Seasoned Travellerです。

搭乗記

BA8709(EDI – LCY)

LHR以外の空港を利用してみたかったので、EDIからLCY行きのフライトに搭乗しました。
 
前回のEDI着から空港を出ずに、そのまま搭乗エリアで待ちます。
 
EDIのBAラウンジを利用します。

ScreenshotLounge Review : エディンバラ空港(EDI) ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) ギャラリーズラウンジ(Galleries Lounge)

Lounge Review : エディンバラ空港(EDI) ブリティッシュ・エアウェイズ(BA) ギャラリーズラウンジ(Galleries Lounge)

時間がきたので、搭乗ゲートへ向かいます。

LCY線は小さな機材なので、沖留めです。

今回の機材は、エンブラエル 190SRです。

日本航空(JL)国内線でよく搭乗するエンブラエルと基本的には同じです。
(J-AIRですが)
 
機材登録番号は、G-LCYVです。
 
エンブラエルの「ビジネスクラス」は、2-2の配列で、間にブロックされた席すらありません。

食事は、こんな感じ。

1時間ちょっとで、LCYに到着しました。


この日は、近くのホテルに宿泊しました。

ScreenshotHotel Review : クラウンプラザ ロンドン ドックランズ(Crowne Plaza London Docklands)

Hotel Review : クラウンプラザ ロンドン ドックランズ(Crowne Plaza London Docklands)

BA8489(LCY – AMS)





ホテルからLCYまでタクシーで向かい、セキュリティチェックを終えます。
 
LCYのフライトは、遅れるのが当たり前のようです。

LCYには、ラウンジがありません。
 
正確にいうと有料のラウンジがあるのですが、£95(ファーストクラス) / £35(ビジネスクラス)かかるので今回は見送ってしまいました^^;
 
これらのラウンジはプライオリティ・パスでも利用できないので、よっぽどお金のある人か、よっぽどラウンジが好きな人か、よっぽど静寂が欲しい人でないとなかなか入れません。
 
搭乗ゲート付近で待っていましたが、こちらも遅れが発生。

結局30分くらい遅れて搭乗しました。
 
小さな空港なので、大きな機材の乗り入れがありません。
 
窓から間近で機材を見ることができます。

搭乗も基本、沖留めです。
 
機材はやっぱり、エンブラエル 190SRです。

機材登録番号は、G-LCYXです。
 
離陸シーンです。

食事は、こんな感じ。

1時間くらいで、AMSに到着しました。

BA447(AMS – LHR)


次のLHR行きの搭乗まで時間があったので、ラウンジに2つ行ってみました。

ScreenshotLounge Review : アムステルダム空港(AMS) Aspire Lounge

Lounge Review : アムステルダム空港(AMS) Aspire Lounge
ScreenshotLounge Review : アムステルダム空港(AMS) ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)ラウンジ

Lounge Review : アムステルダム空港(AMS) ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)ラウンジ

搭乗ゲートから一番近いラウンジまでも、ちょっと歩きます。

ラウンジへ行く途中で、人が手書きで時計の針を書いている(実際にその場で書いているわけではなく映像ですが)ユニークな時計「Schiphol Clock」がありました。

面白かったので、ちょっと動画を撮ってみました。

時間が来たので搭乗ゲートへ向かいます。


機材は、いつものエアバス A320。

機材登録番号はG-EUUDです。
離陸シーンです。

これが、機内の食事。

あっという間にLHRに戻ってきました。



この後、長距離フライトでアジアへ戻ります。

これまでの運賃累計とTP単価

ここをタップして表示Close
航空券総額 獲得TP累計 平均TP単価
JPY1,421,541 6,345 JPY224.04

BAのフライトに対するTP加算タイミングは、搭乗の約2日後となります。
 
今回のフライトを行う前に、既に1年間に必要なBA4区間の搭乗は済ませているので、単純にTPの積み上げです。

ライフタイムゴールドメンバーまで、あと

 
28,655ポイント
 
BAのフライトは基本的にTP単価が高めになります。
 
それでも、効率の良いBA路線は存在します。
 
その路線と単価は、BA Lifetime Gold Membership Clubの中でこっそり解説しています 🙂
 
そのルートを実践すれば、年間JPY1,000,000くらいで信じられないようなTPを獲得することができますよ 😉

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)