Hotel Review : ウェスティン仙台(Westin Sendai)

Hotel Review : ウェスティン仙台(Westin Sendai)

妻の誕生日に、仙台にある数少ない外資系ホテルチェーンの
 
ウェスティン仙台
 
に滞在しました。
 
地元ということでなかなか宿泊する機会がなかったのですが、今回ようやく初めて宿泊することができました。
 
中の様子のレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

ホテル概要

ウェスティン仙台は、仙台駅から歩いて10分くらいのところにあります。
 
仙台駅西口から、建物が見えますね。
 
最寄駅が仙台駅で、バス停も中途半端なところにしかないので、雨や雪の場合はタクシーを利用しても良いでしょう。
 

入り口・ロビーは、こんな感じ。





今回はラウンジでチェックインをしましたが、角部屋(プレミアキングダブルルーム)にアップグレードしてもらいました。

部屋

アップグレードしてもらった部屋はこんな感じです。












アメリカのホテルチェーンなのでこの表示もしょうがないのかもしれませんが、とても不満です。

窓からの眺め。

バスルームは、こんな感じです。


アメニティはクオリティがいいと妻が言っていました。

ラウンジ

カクテルタイムに少しラウンジを訪れてみました。

レストラン

朝食は、ラウンジでもOKですがレストランでいただいてみました。


地元の料理も結構ありました。

ずんだ餅まで。


各料理にアレルギー表示があり、親切な配慮がされています。

スクランブルエッグ

ホテルに宿泊した際、必ず食べるのがスクランブルエッグ。
 
各ホテルで食べ比べを密かにしているのですが、食に関しては(原材料や産地以外)全く興味のない自分が、個人的に採点してみたいと思います。
 
ウェスティン仙台のスクランブルエッグは、こんな感じ。
(写真の出来は無視してください)

いわゆるホテルのスクランブルエッグで、美味しくいただきました。
 
4 out of 5

ミューズリー

ホテルに宿泊する際にもう一つ必ず食べるものがありますが、それがミューズリーです。
 
ホテルによっては置いていないところもありますが、それでもとりあえず聞いてみることにしています。
 
ウェスティン仙台でも聞いてみましたが、残念ながらミューズリーはありませんでした。

WiFi接続方法

TWS_APXXXXというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。
(各部屋番号毎にSSIDが用意されています)

部屋にあるパスワードを入力して接続完了です。

通信速度計測結果


上り 15.52Mbps
下り 5.83Mbps
 
問題なく快適に利用できました。

まとめ


自分はマリオットの修行はしていないので、プラチナメンバーでいられるのも今年が最後。
 
プラチナメンバーの時に地元のホテルを体験できてよかったです。
 
やっぱり、旧スターウッド系のホテルはいいですね 🙂

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ


カメラ :
Leica T シルバー Typ 701
 
iPhone
 
レンズ :
LEICA(ライカ) エルマリート TL f2.8/18mm ASPH. シルバー

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

マイレージの無料メルマガ講座も受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea