香港へマイレージを使って旅をしよう(キャセイパシフィック航空(CX)編)

香港へマイレージを使って旅をしよう(キャセイパシフィック航空(CX)編)

あなたは、香港へ旅をする際にどの航空会社で、どのようにして行きますか?
 
キャセイパシフィック航空(CX)?
 
香港航空(HX)?
 
香港エクスプレス(UO)?
 
それとも、別の航空会社?
 
その中に、
 
マイレージを使う
 
という選択肢を入れてみませんか、という提案をしたいと思います。
 
でも、色々な航空会社の色々なマイレージがあって、どれがいいのかわからないかもしれません。
 
あなたが持っている航空会社のマイレージプログラムは、香港へ行くのにお得なものなのか?を、
 
・マイレージの貯めやすさ
 
・特典航空券の取りやすさ
 
という視点で、検証していきたいと思います。
 
前回日本航空(JL)のマイレージの解説をしたので、

Screenshot香港へマイレージを使って旅をしよう(日本航空(JL)編)

香港へマイレージを使って旅をしよう(日本航空(JL)編)

今回は同じワンワールドメンバーの航空会社であるキャセイパシフィック航空(CX)の解説をします。
 
​日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。

マイレージの貯めやすさ

 
評価 : △
 
CXのマイレージプログラム「アジア・マイル」は、フライト以外で貯めることも可能なのですが、日本に住んでいる場合には獲得の道が限られてきます。
 
ポイントサイトのネットマイルなんかでも貯めることができますが、あまりいい還元率ではないですね。
 
専用のクレジットカードもありますが、昔と違ってあまりお得な特典がありません。
(AMEXの方だと、JPY100で1.5マイル貯まります)
 
https://www.asiamiles.com/am/ja/earn/finance/detail?refID=b9b83a85d187b410VgnVCM62000007d21c39RCRD
 
KaligoRocketmilesといったホテル予約サイトでも獲得することができます。
 
ただ、有効期限が3年というのが何とも・・・。
 
有効期限が切れる前に、2,000アジア・マイルあたりUSD40有効期限を延ばすことができますが、期限延長にお金がかかるのはちょっとアレですね。
 
肝心のフライトでのマイレージ加算の方は、CXのツアー(キャセイホリデー)で利用するフライトでも、25%のマイレージが獲得できるブッキングクラスがあります(N, Q)。
 
提携航空会社のフライトでも、加算率はまずまずです。

特典航空券の取りやすさ

さて、ちょっと貯めにくいCXのマイレージですが、果たしてちゃんと特典航空券予約の取れるマイレージなんでしょうか?
 
3つの視点から、見てみます。

必要マイレージ数

評価 : △

CXフライトの場合、
 
・エコノミークラス : 往復30,000マイル
 
・ビジネスクラス : 往復50,000マイル
 
ワンワールドメンバー(日本航空(JL))のフライトを利用した場合も、
 
・エコノミークラス : 往復30,000マイル
 
・ビジネスクラス : 往復50,000マイル
 
となり、NHやJLに比べると、ちょっと多めの設定になっています。
 
しかも、JLフライトでの予約となるとオンラインで予約はできず、オンラインでリクエストを出して、後でCXのスタッフが連絡をくれるという面倒な仕組みになっています。
 
これでは、直前の予約はムリですね。

ストップオーバーを利用した旅がお得

香港へ行くのとは直接関係ないかもしれませんが、CXマイレージの魅力の一つに、無料でストップオーバーができるという点にあると思います。
 
CXの必要マイレージ表は2つあって、

アジア・マイル特典一覧表

・CX、キャセイドラゴン航空(KA)、または提携航空会社1社の利用
 
または
 
・CX / KA + 提携航空会社1社の利用
 
の場合に参照するチャートです。

https://www.asiamiles.com/am/ja/redeem/charts
 
上述した必要マイレージ数は、このチャートを参照しています。
 
こちらの場合は、ストップオーバーが適用されません。

oneworld複数航空会社特典一覧表

もう一つ、
 
・CX / KAを2社以上のワンワールド航空会社を利用
 
または
 
・CX / KA含む3社以上のワンワールド航空会社を利用
 
のチャートがあります。
 
この場合に、ストップオーバー(途中降機)5回、乗り換え2回、オープンジョー2回(出発点、中間点、折り返し地点において)までが可能となっています。
 
このストップオーバー無料回数を最大限利用して、東京から香港へかなり遠回りして行くルートを探ってみたいと思います 🙂
 
CX/KAを含めて、4社使うとすると、
 
・成田(NRT) – ハノイ(HAN) : 日本航空(JL)フライト
 
ハノイ滞在
 
・ハノイ(HAN) – バンコク(BKK) : カタール航空(QR)フライト
 
バンコク滞在
 
・バンコク(BKK) – シンガポール(SIN) : キャセイパシフィック航空(CX)フライト
 
シンガポール滞在
 
・シンガポール(SIN) – 香港(HKG) : キャセイパシフィック航空(CX)フライト
 
香港滞在
 
・香港(HKG) – 台北(TPE) : キャセイドラゴン航空(KA)フライト
 
台北滞在
 
・台北(TPE) – 成田(NRT) : キャセイパシフィック航空(CX)フライト
 
という感じの、総移動距離7,251マイル、以遠権フライトをふんだんに利用したフライトをエコノミークラス60,000マイル / ビジネスクラス80,000マイルで行うことができます。

これは結構お得だと思いませんか?! 😀

Screenshotカタール航空(QR)の以遠権フライト

カタール航空(QR)の以遠権フライト

Screenshotキャセイパシフィック航空(CX)の以遠権フライト

キャセイパシフィック航空(CX)の以遠権フライト

特典航空券の空き状況

実際の特典航空券の空き状況はどうなんでしょうか。
 
需要が多いであろう、「ハイシーズン」と、急な時にも対応できるかどうか、「直近」の空き状況を見てみたいと思います。

ハイシーズン

例えば、クリスマスや年末年始のシーズン。
 
クリスマスや年末年始を香港で過ごそう、なんていうオシャレな過ごし方をしようと思う方も結構多いでしょう。
 
2017/9/15時点での検索結果ですが、日本のいくつかの空港発でクリスマス近辺はエコノミー / ビジネス共に空きがありません。
 
・エコノミークラス(羽田(HND)発)

・エコノミークラス(関空(KIX)発)

・ビジネスクラス(成田(NRT)発)

・ビジネスクラス(関空(KIX)発)

東京はわずかに、NRT – HKGのビジネスクラス・行きの便が空いているだけでした。
 
名古屋発は、ビジネスクラスで比較的空きがありました。

直近

続いて、間際のフライト。
 
CXのフライトは出発の3時間前まで予約が可能なのですが、検索をしたのが2017/9/15で、出発日である翌日(2017/9/16)から3連休だったため東京発は全滅。
 
大阪発は、ビジネスクラスだけ、日を選べばまだ予約ができそうな感じでした。

名古屋発は、エコノミークラスだけ、日を選べばまだ予約ができそうな感じでした。

総合評価

香港へ行く際にCXのマイレージはお得といえるか、については、
 

 
と言えるでしょう。
 
全てにおいて、中途半端。
 
CXのサービスやラウンジ・機内食は評判がいいのに、ちょっと残念な感じです。
 
しかし!
 
世の中には、有効期間を気にせずマイレージを貯めて、直近の予約も可能で、しかも時期を気にすることなくキャセイパシフィック航空(CX)直行便で香港へ行ける航空会社のマイレージプログラムがあるんです。
 
CXに搭乗するからCXマイレージを貯めた方がお得、というわけではないんです。
 
そういったお得なマイレージプログラムの紹介・使い方を、10月・11月に開催する香港旅セミナーで紹介します。
 
ご自分のマイレージプログラムを見直したい方、香港へお得に行きたい方、こちらのページからお申し込みください!
http://voyageavance.global/seminar-hkg-description

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)