チャンギ空港(SIN)ラウンジのWifiスピードチェック#1

チャンギ空港(SIN)ラウンジのWifiスピードチェック#1

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
 
SINからTPEへ向かう際、初めてエバー航空(BR)に乗ることにしました。
 
片道の運賃でYクラスなので、100%NHのマイレージに加算することができます。(2000マイルくらい)
 
更にBRのYクラスは、プレミアムポイントが400ポイント加算されるんですね。
 
一瞬、SFC修行としてのBRを考えて運賃をチェックしてみましたが、あまり効率が良くないので検討をやめちゃいました。

台湾キャリアの洗礼

13.10のフライトだったので、11時頃チャンギ空港へ行ったのですが・・・。
br_delay
初BRで、3時間の遅れ。
 
空港に到着したのが11時頃だったので、5時間以上空港で待たされることになります。
 
妻は「もうBRなんか絶対乗らない!」とメチャクチャ怒っていました^^;
 
遅れるのはしょうがないけど、なんで予めメールなどで伝えてくれないのか、と。
 
3時間もあれば、もっとホテルでゆっくりできたし他の場所も見て歩くことができた、と。
 
まぁわからないでもないのですが、こういうことはよくありますよね。しょうがない。
 

自分的には怪我の功名

でもそのおかげで、空港内のラウンジに行く時間ができました。
 
妻には、「空港のWifiは3時間で切れちゃうけど、ラウンジに行けば電源もあるし、Wifi使い放題だよ!食べ物もあるし」とかなんとか言って、2つのラウンジに行くことに成功。
 
BRの出発ターミナルはTerminal 3だったので、

  • Ambassador Transit Lounge
  • denata Lounge
  •  
    へ行きました。
     
    どちらも、プライオリティ・パスで入れるラウンジです。
     
    今日は、Ambassador Transit LoungeでのWifi速度計測結果をお伝えします。
     

    Ambassador Transit Lounge概要

    Ambassador Transit Loungeは出国審査通過後にあるラウンジで、ターミナル3のButterfly Gardenのすぐ隣にあります。
     
    中は、こんな感じ。
    t3_ambassador_inside
    シャワールームや、仮眠室もあります。
    t3_ambassador_shower
    食事も、生野菜やその場で作ってくれるヌードルのコーナーもあり、充実していると思います。

    接続方法

    T3 LOUNGE AまたはT3 LOUNGE BというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。
    t3_ambassador_wifi
    パスワードを聞かれるので、受付でもらった紙に書いてある文字を入力します。
     
    これで、接続完了です。

    通信速度計測結果

    t3_ambassador_wifi_spped
    上り 1.13Mbps
    下り 4.02Mbps
     
    まずまず、といったところ。ストレスなく、スムーズに使うことができました。

    まとめ

    このAmbassador Transit Loungeは、チャンギ空港の中でも設備や食事が充実していることで有名です。
     
    静かで落ち着いているし、Wifiのスピードも悪くない。
     
    次またSINのT3を利用することがあれば、訪れようと思います。

    Comments

    comments

    LEAVE A REPLY

    *
    *
    * (公開されません)