Lounge Review : シドニー空港(SYD) カンタス航空(QF) 国際線 ファーストクラスラウンジ(First Class Lounge)

Lounge Review : シドニー空港(SYD) カンタス航空(QF) 国際線 ファーストクラスラウンジ(First Class Lounge)

家族でオーストラリアからニュージーランドへ移動する際、カンタス航空(QF)を利用したのでシドニー(SYD)の
 
カンタス航空(QF)ファーストクラスラウンジ
 
を利用しました。
 
QFのフラグシップラウンジは国内線と国際線で分かれていますが、まずは国際線ラウンジのレビューです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke)です。

ラウンジ概要

SYDのQFファーストクラスラウンジは、出国審査を免税ショップのお店を抜けたところにあります。



営業時間 :
 
5.00 – 22.00
 
入り口を抜けて、エレベーターを上がります。
 
エスカレーター左側に、アナログの搭乗案内があります。

殆どデジタル表示になっている今だからこそ、逆に新鮮に感じますね。
 
中は、こんな感じです。




ビジネス向けのスペースも少々あります。

今回は利用しませんでしたがスパもあります。

バーカウンターもあります。




軽食も置いてありますが、


食事は基本的にテーブルについて注文をします。





ラウンジ右側奥には、書斎のようなスペースがあります。



窓からの眺め。

離陸も、窓越しに間近で見ることができます。
 
そして、以前からかっこいいなと思っていた木製のゲートが連なっているラウンジへ、期せずして来ることになりました 🙂

前に見たかっこいい画像は、このラウンジで誰かが撮ったのかぁ、と感慨深くなりました。

中の様子を動画に収めました。

WiFi接続方法

Qantas Free Wi-FiというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

パスワードは、不要です。
 
LOGINをクリックして、接続完了です。

通信速度計測結果


上り 9.70Mbps
下り 26.84Mbps

まとめ


木製のゲート、かっこよすぎます。
 
そして、美しい。
 
アナログのフライトインフォメーションも、とても素敵です。
 
デザインで言ったら、今まで訪れたラウンジの中で間違いなくこのラウンジがナンバーワンです。
 
このゲートを見るためだけに、もう一度このラウンジに来たいなと思いました。
 
というわけで、早速次の予約の検討をします 😛

今回写真撮影に利用したカメラとレンズ


カメラ :
Leica T シルバー Typ 701
 
iPhone
 
レンズ :
LEICA(ライカ) エルマリート TL f2.8/18mm ASPH. シルバー
 
動画 :
OSMO POCKET

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

BoardingArea