クアラルンプール空港(KUL) KLIAのWifiスピードチェック

クアラルンプール空港(KUL) KLIAのWifiスピードチェック

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
 
SFC修行でマレーシアへ行き、クアラルンプール空港(KUL)へ初めて行きました。
 
KULにはターミナルが2つあって、
 
・KLIA : ANA(NH)などのフルサービスキャリアが利用するターミナル
・KLIA2 : エアアジア(AK)などのLCCが利用するターミナル
 
という感じで、振り分けがされています。
 
恒例のWifiスピードチェックを行ってきました。
 
今回は、KLIAの方です。

Screenshotクアラルンプール空港(KUL) KLIA2のWifiスピードチェック

クアラルンプール空港(KUL) KLIA2のWifiスピードチェック

接続方法

Airport WiFiというSSID(ネットワーク名)があると思うので、それを選択しましょう。

パスワードは、不要です。
 
選択後、以下のような画面が表示されます。

Facebookでログイン、または各情報を入力して’CONNECT NOW’をタップします。

上のような画面が出たら、接続完了です。
 
アクセスした時から24時間の間、使うことができます。

通信速度計測結果


上り 1.88Mbps
下り 1.39Mbps
 
数字が示すほど、悪い感じではありませんでした。
 
空港のWifiを利用して妻とFacetimeでビデオ通話をしたのですが、パケットロスや切れたりすることなくスムーズに会話ができました。

まとめ

KULの到着ターミナルは、なんとなく閑散としていました。
 
また、これが出発ターミナルです。

 
乗り換えのターミナルであるサテライト方がお店やラウンジも多くあるし、賑やかです。
 
更にサテライトには、各航空会社のモデルが置いてあります。
 
さすがに、マレーシア航空(KUL)が一番大きかったですね。


なぜか、エチオピア航空(ET)の模型も結構大きめのものでした。
 
ETのKUL行きは直行便ではなく、バンコク(BKK)経由での以遠権フライトとなっています。

Screenshotエチオピア航空(ET)の以遠権フライト

エチオピア航空(ET)の以遠権フライト

KLIA <-> KLIA2の間は、KLIA Ekspresという電車に乗って行くことになります。
 
このKLIA Ekspresで、クアラルンプール市内へも行くことができます。
 
KLIA <-> KLIA2の間は5分くらいで付くのですが、電車の本数がそんなに多い訳ではなく、結構待たされることもある(最大30分)のでKLIA2を利用する際は時間に余裕を持って行動した方がよさそうです。

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)