別々の旅程でもスルーチェックインを許してくれるワンワールドメンバー

別々の旅程でもスルーチェックインを許してくれるワンワールドメンバー

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
乗り換えが必要な旅をする場合、乗り換え地でいちいち荷物を受け取って、もう一回チェックインして・・・なんていうことはとても面倒でやってられません。
 
できれば最終目的地まで荷物を持って行ってほしいものです。
 
今回は、そんな荷物に関するお話です。

ワンワールドは改悪を行った

ワンワールドは2016年、別々に発券し、予約番号(PNR)が別々になった航空券の間では、例えワンワールドメンバーの航空会社であってもバゲージのスルーチェックインサービスを行わない、という改悪を行いました。
 
スルーチェックインというのは、最終目的地までに立ち寄る空港で飛行機の別便に乗り継ぐ場合、最初のチェックイン時に乗換便のチェックインも同時に済ませる事で、基本的には乗継便が同じ航空会社か提携航空会社同士ではないと出来ません。
 
ワンワールドのメンバー同士はもちろん提携航空会社同士なので、スルーチェックインは可能なのですがこれはあくまで、一つの航空券に記載されている旅程のみのお話で、2つ以上の航空券に跨っている場合にスルーチェックインをすることができなくなった、という感じです。
 
これは明らかに、搭乗客の利便性が下がる改悪です。
 
この改悪によって、旅程を分けての予約がしにくくなったことは言うまでもありません。

気骨ある航空会社が現れた!

こんな改悪があり、ワンワールドメンバーは全て別々の予約でのスルーチェックインに対して厳しい態度をとるようになってしまいました。
 
そんな中、ワンワールドメンバーの中から、以前の寛容なサービス(別々の予約でもスルーチェックインOK)を復活させた航空会社があります。
 
それは、
 
キャセイパシフィック航空(CX)
 

 
カタール航空(QR)
 
です。
 
まずQRがサービス復活を宣言し、それにCXが続きました。
 
ワンワールド内でも、サービス内容が異なりますね。
 
ただし、上記2社とも、スルーチェックインを必ず受け付けるというわけではないようなので、注意が必要です。
 
例えばQRの場合、1つ目の予約がQRフライトで、2つ目の予約がBAの場合はOKですがその逆(1つ目 : BA、2つ目 : QR)は受け付けていません。
 
CXの場合は、公式サイトの以下のページにまとめがあります。
https://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/about-us/contact-us/faqs/check-in/through-check-to-final-destination-on-separate-tickets.html
 
旅程を別々に予約・発券する場合は、念のため十分な乗継時間を確保しておいた方が良さそうです。

ワンワールドは全体的に「緩い」

ワンワールドは、スターアライアンスほど強固な提携ではないようです。
 
セキュリティ的にちょっと「緩い」ことは、先日記事にしました。

Screenshotアマデウスの「シングルPNR」が意味するもの

アマデウスの「シングルPNR」が意味するもの

厳しく統制を取ろうとしているスターアライアンスとはだいぶ違います。
 
マイレージに関してもまだ穴がある、緩い航空連合です。
 
どこかの上級会員を目指そうと思っているあなた、まずはワンワールドの上級会員から目指してみてはいかがでしょうか。

Comments

comments

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ご隠居

    初めまして、いつも貴殿の記事を参考にさせて貰っておりますニュージーランド在住の爺いです。
    キャセイのサービスは本当に凄いと小生も思っています。

    ニュージーランドから知り合いの住むコロンボに立ち寄ってバンコクへ行こうと航空券を用意しましたが知人は急な用事で帰国、行っても仕方ないのでコロンボ⇒バンコクのタイ航空を購入して乗り継ぎバンコクで極楽する事に。

    コロンボでの乗り継ぎ時間は2時間しかなく取り敢えずは入国して再チェックインしようと思いトランジットビザも入手。

    ニュージーランドのオークランドではキャセイの地上職員からキャセ航空⇒タイ航空の荷物のスルーチェックは出来ないと言われ取り敢えずは香港までチェックイン。
    *航空会社が違うだけでなくアライアンス自体が異なるゆえ駄目だろうとは思っていましたが。

    香港で再チェックインしたところキャセイの担当職員からお乗り継ぎはないですかと聞かれたので実はコレコレこーなんだと説明したところ大丈夫ですよの返事。

    荷物はコロンボ乗り継ぎタイ航空でバンコクまでチェックインします。コロンボ空港のトランジットカウンターでコロンボ⇒バンコクの搭乗券を受け取って下さい、その際にキャセイからの乗り継ぎ荷物がある旨を申し出て下さいと懇切丁寧な対応。

    オンタイムにコロンボに到着したので最悪、入国して再チェックインすれば良いやと軽い気持ちでトランジットカウンターに行って搭乗券の発行をお願いすると香港から連絡が来ています、荷物の積み替えも承っていますとの返事でホッ!

    搭乗時間にゲート傍でタイ航空の職員を捕まえ荷物の再確認をしようと声をかけたらMR爺いね、荷物はちゃんと乗せたわと何も言わないうちに先方から一方的な返事。

    航空会社や仕事が出来る職員はアライアンスが違ってもチャンとやってくれるんだと改めてキャセイの実力をみた次第です。

    オセアニアの航空会社では絶対無理と言えるキャセイの仕事ぶりでした。

    • By par

      コメントありがとうございます 🙂

      CXのスルーチェックインは、ワンワールド内だけではないんですね!自分はまだ別冊発券でスルーチェックインをしたことがなかったのですが、CXはステキですね〜 🙂
       
      経営状態があまり良くなさそうですが、買収なんぞされずに頑張って欲しいですね。
      自分もなるべくCX利用するようにします! 😉

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)