少ないマイレージ数でエティハド航空(EY)のファーストクラスに搭乗できる航空会社

少ないマイレージ数でエティハド航空(EY)のファーストクラスに搭乗できる航空会社

PAR(PRIDEAUX-ANZAI Ryosuke / プリドー安斎亮介)です。
 
以前、エティハド航空(EY)のファーストクラスについて記事を投稿しました。

Screenshotエティハド航空(EY)のファーストクラス

エティハド航空(EY)のファーストクラス

EYと相性がいいのはアメリカン航空(AA)のマイレージで、AAのマイレージを使用することでお得にEYのファーストクラスに搭乗できるのですが、もう一つ、豪華なファーストクラスのApartmentにマイレージで搭乗できる航空会社があったのでシェアをします。

それは、オーストラリアの航空会社

その航空会社とは、自分が最近少し注目しているヴァージン・オーストラリア(VA)です。
 
VAでEYのビジネスクラス・ファーストクラスに搭乗しようと思ったらどのくらいポイントが必要なんでしょうか。
 
EY/AA/VAの必要マイレージ数を、路線ごとにみてみましょう。

ビジネスクラス片道

ここをタップして表示Close
路線 エティハド航空(EY) アメリカン航空(AA) ヴァージン・オーストラリア(VA)
パース(PER) – ニューヨーク(JFK) 179,870 150,000 139,000
メルボルン(MEL) – ニューヨーク(JFK) 182,641 150,000 139,000
ブリスベン(BNE) – ロンドンヒースロー(LHR) 163,244 122,500 139,000

ファーストクラス片道

ここをタップして表示Close
路線 エティハド航空(EY) アメリカン航空(AA) ヴァージン・オーストラリア(VA)
パース(PER) – ニューヨーク(JFK) 238,152 215,000 203,000
メルボルン(MEL) – ニューヨーク(JFK) 241,862 215,000 203,000
ブリスベン(BNE) – ロンドンヒースロー(LHR) 216,170 162,500 203,000

方面によっては、AAよりも必要マイレージ数が少ないところもあります。
 
全体的にVAは、EYマイレージよりも必要マイレージ数が少なくて済む傾向にあります。

VAのいいところ

更に、実際に特典航空券を予約する際も、EYサイトよりVAサイトの方が、空席が多いことが結構あります。
 
試しに何日か検索しましたが、だいたいどこの日も最低1席はビジネスクラスが空いていました。
VA_MEL-AUH

でもやっぱり、万能ではない

なかなか良さそうなVAマイレージですが、EYフライトを予約する際に別途諸税などの手数料がかかります。
 
USD50(エコノミークラス)
USD205(ビジネスクラス)
USD300(ファーストクラス)
 
ちょっと重荷ですね。
 
また、日本発着、という観点で考えると更に使い勝手が悪くなります。
 
日本からアブダビ(AUH)へEYフライトで行く場合の必要マイレージ数ですが、
NRT – AUH ビジネスクラス片道が
 
124,800ポイント
または
78,000ポイント + AUD304.30
 
となり、結構大きい数字になっています。
 
対するAAは、同じビジネスクラスの片道で40,000マイル、ファーストクラスでも片道50,000
 
となり、圧倒的にAAの方が少ないマイレージ数で行くことができます。
 
AAのサイトではどうなのかはわかりませんが、VAのサイトでNRT-AUHを検索すると、ゴールデンウィーク中でも空席が出てきました。
VA_NRT-AUH
ファーストクラスの空きは見つけることができませんでしたが、必要ポイント数は多いマイレージプログラムであるものの、予約はしやすいように思います。
 
ちなみにAUHからヨーロッパ・例えば(LHR)へA380-800を利用していく場合、VAマイレージだと
 
142,300ポイント
または
53,000ポイント + AUD580.10
 
となり、AAだと
42,500マイル(ビジネスクラス)
62,500マイル(ファーストクラス)
 
となり、こちらもだいぶ差があります。
 
ただ、こちらの路線も座席は空いていました。
 

まとめ

VAマイレージは必要マイレージ数こそAAに負けるものの、EYマイレージよりは少なく、特典航空券も予約しやすそうなので、EYのA380・ファーストクラスを味わってみたい!という方はVAマイレージの検討をしてみてもいいかもしれませんね。
 
ちなみに、VAマイレージもSPGのスターポイント交換対象の航空会社です。
 
SPGアメックスカードでポイントをしっかり貯めて、1 : 1.25の割合で交換することが可能です。
 
VAはSQとの相性がいいので、無理やりEYフライトを選択しなくてもSQのA380ファーストクラスに搭乗してもいいかもしれません。

Comments

comments

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)