エミレーツ航空(EK)がジェットブルー(B6)との提携を解消

エミレーツ航空(EK)がジェットブルー(B6)との提携を解消

2022/10/30をもって、エミレーツ航空(EK)とジェットブルー(B6)は提携を終了することになりました。
 
この日をもって、両社のコードシェアは終了し、相互のマイレージ獲得・交換もできなくなります。
 
この提携解消には、背景があるようです。
 
日本人初のBoardingAreaオフィシャルブロガー PAR@Seasoned Travellerです。

至極当然の流れ?

両社が初めて提携を開始したのは2012年のことです。
 
エミレーツ航空(EK)は、特にボストン(BOS)とニューヨーク(JFK)を経由して、ジェットブルー(B6)が就航している小規模な市場にアクセスできるようになりました。
 
さて、EKとB6の提携が切られた動機は何でしょうか?
 
ひとつには、EKとユナイテッド航空(UA)の提携があります。
 
EKはかつてアラスカ航空(AS)はかつて提携していましたが、ASがワンワールドに加盟したため、提携は解消されました。
 
一方で、B6とカタール航空(QR)は、ますますパートナーシップを強化しています。
 
アメリカン航空(AA)とQRもパートナーシップを強化しており、今後さらに強化されると予想されます。
 
EKとUAのパートナーシップは、通常のコードシェア契約よりも、より緊密で密接なものになると思われます。
 
EKとUAがより親密になり、QRとAAがより親密になり、さらに小規模で連携したパートナーシップも増えていくと思います。
 
何れにしても、10年以上提携してきた航空会社との提携解消なので、かなり大きな決別だと思われます。

まとめ

EKがUAとの提携を開始したとして、マイレージの相互利用・獲得ができるようになったとしても、EKファーストクラスやUAのポラリスなどは自社マイレージのみ予約可能なのは変わらないでしょう。
 
UAも最近、提携航空会社への自社便(特にビジネスクラス)の特典向け座席を極端に絞っています。
 
これからは、
 
プレミアムクラスは自社マイレージで
 
という流れが主流になるでしょう。
 
既に、EKだけでなくシンガポール航空(SQ)やエールフランス航空(AF)のスイートクラス/ファーストクラスは、そのようになっています。
 
全日空(NH)に至っては、必要マイレージ数が少ないだけでThe RoomやThe Suiteはほとんど予約ができず、高額の燃油を徴収される始末。
 
世界一周など、限られた使い方でないとお得感を出せなくなっており、出口戦略の困難なマイレージプログラムとなっています。
 
自分はスターアライアンスのマイレージプログラムはNHではない2つのマイレージプログラムを活用して、快適なフライトができる予約をしていますがスターアライアンスは魅力に欠けますね。
 
そんなスターアライアンスに、UAとの提携を機にEKが加盟したりして?!

Push通知でブログ記事の更新情報を受け取るには、”Subscribe”ボタンをクリックしてください!

 

無料のメールマガジンも受付中です

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA